2017年11月01日

春雨亭 解体修復工事のお知らせ

本月11月より、池辺の書屋として知られる春雨亭(下記)の解体修復工事が以下の予定で開始となります。

春雨亭033.jpg

解体 2017年11月〜12月(予定)

修復 2018年1月〜2019年3月(予定)

上記期間中は、春雨亭周辺及び中之島への立ち入りが禁止となります。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
posted by 天赦園管理人 at 10:52| 日記

2017年10月13日

春雨亭の解体修復工事がまもなく始まります

このところ季節が逆戻りしたような暑さが続いておりましたが、今日は陽ざしもおだやか。

P1110007.JPG

フジバカマの優しい薄紫色も、やはり秋の気候の穏やかさにこそマッチしますね・・・!

P1110005.JPG

こちらは、枯れ川エリアにあるボダイジュの種。

P1110026.JPG

見上げると、たくさん付いています。

P1110010.JPG

これが落ちるときに、上の枯葉がプロペラのような役割をしてクルクルとまわって落ちる姿が面白いのだそうです。

次回の宇和島自然科学教室は天赦園が舞台で、教室に参加する小学生の子どもたちにもその様子が紹介されるそうですヨ!


さて、ここで皆様にお知らせがございます。

今月下旬ごろより、天赦園内、水辺の書屋として知られる春雨亭の解体修復工事が開始となります。

P1110008.JPG

皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、文化財保存のための修復ということで、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
なお解体修復中も、通年通りのスケジュールで開園する予定です。

正式な日程等が決まりましたら、春雨亭解体修復工事のお知らせ(単独記事)として、あらためてお知らせいたします。よろしくお願いします。

・・・さて、この旨は、春雨亭の屋根を仮の宿としているハトさんたちにもお知らせしなければ・・・

穏やかな秋空のもと、鬼が城山系の雄大な景色を眺めながら、灯篭の上で思索のひと時を過ごす一羽のハト・・・

P1110019.JPG

「間もなく春雨亭の解体修復工事が始まります。」

・・・・・!!!

P1110020.JPG

「何だって!!ボクたちの春雨亭が・・・!?」

P1110025.JPG

(灯篭上の親分)「春雨亭が解体されるらしいぞ!」

(屋根上の子分たち)「えっ!じゃあボクたちこれからどこでくつろげばいいの?」

解体修復中でも、園内にくつろぎスポットはいろいろありますので、ハトさんたちも変わらず遊びに来てください!

今後とも名勝天赦園をどうかよろしくお願い申し上げます。
タグ:ボダイジュ
posted by 天赦園管理人 at 13:49| 日記

2017年09月29日

明日から京都で展示! 御所を守る宇和島藩士たちの姿を描いた大作絵画!

今年は大政奉還150年、来年は明治150年ということで、各地で様々なイベントが行われておりますが、

このタイミングで、何と!

戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見の戦いが勃発した日の夜に、京都御所の門(宜秋門、通称公家門)を守る宇和島藩士たちの姿を描いた大作絵画が存在するとのことで、

明日9月29日から、京都東山の星野画廊さんで展示されるのだそうです!

この絵を描いたのは、宇和島出身の日本画家 小波魚青(こなみぎょせい)という人で、何とその場に立ちあっていたのだとか。

「私がその夜見たのはまさにこの光景でした」といわんばかりに筆を振るった渾身の大作で、明治23年の内国勧業博覧会で褒状もうけたのだそうです。

大きさは、タテ81.4p ヨコ143.2p。

闇夜を照らす数多くの提灯には、竹に雀の紋。宇和島伊達家の家紋です。

黒い軍服に身を包み、銃を携え、大砲を配備し、公家門の前に整然と居並ぶ宇和島藩士たち。

騎乗の上官に情報を伝える家臣、北へ走る人、南へ走る人、
吠える犬に灯りを向ける本願寺の僧兵たち、
お公家さんたち・・・

魚青が、その時その場の「真景」と記すとおり、錦絵のような誇張がない分、リアルさがあり、画面の中の人びとがそのまま動き出しそうな、そんな作品です。

大きさからしても、これはきっと見ごたえあり!

宇和島の方はもちろん、多くの方にこの絵の存在を知っていただきたく、番外編でご紹介をさせていただきました!

詳細は、こちらをご覧ください。

http://hoshinogallery.com/yokoku/index.html(星野画廊さんHP内の展示案内)


ご興味のある方は、ぜひ!!
posted by 天赦園管理人 at 15:06| 日記

2017年09月25日

知恵泉伊達宗城 アンコール放送決定!

うれしいお知らせです!!

宇和島藩8代藩主伊達宗城公をテーマにした番組が、アンコール放送されることになりました!!

チャンネル: NHK Eテレ

番組名: 先人たちの底力 知恵泉 「幕末“素直”のススメ〜宇和島藩主・伊達宗城」

放送日時: 10月10日(火) 22:00〜22:45
                10月17日(火) 12:00〜12:45(再放送)

歴史居酒屋「知恵泉」の三代目店主、二宮アナウンサーのお店で、
俳優 渡辺徹さん、湖池屋社長 佐藤章さん、東洋大学教授 岩下哲典さんが、宗城公の“素直さ”をテーマに、多様で鋭い切り口から、楽しいトークを繰り広げておられます!

司馬遼太郎さんの小説『伊達の黒船』でも知られる、嘉蔵さん(前原巧山)らによる蒸気船建造プロジェクトもエピソードとして取り上げられています!

番組HPはこちら!

ぜひご覧ください!
posted by 天赦園管理人 at 13:30| 日記

2017年09月22日

秋の彼岸に咲く花々

今日は、写真撮影協力隊 松田隆先生のお写真で、天赦園に咲いている秋の花をご紹介!松田先生、いつもご協力いただき本当にありがとうございます!

ちょうどお彼岸の現在、天赦園でもヒガンバナが美しく咲いています。

conv0001.JPG
撮影:松田隆

水辺に咲く深い朱色の彼岸花。背景の緑や小さなお花の青とのコントラストが鮮やかな一枚。

彼岸花は、以下にご紹介するように、園内いろいろなところに咲いています。少し探索・・・

conv0015.JPG
撮影:松田隆

conv0016.JPG
撮影:松田隆

白い彼岸花も咲いています。何かを大切にうけとめてくれようとする手のかたちに似ていて、どことなく優しさが漂う景色。

conv0021.JPG
撮影:松田隆

自然の造形美ですね・・・

conv0025.JPG
撮影:松田隆

続いては、秋の七草の一つ、萩の花。こちらも自然が創り出した繊細な色彩美が見事。

conv0008.JPG
撮影:松田隆

この白は何となく心を落ち着かせてくれます・・・

conv0012.JPG
撮影:松田隆

秋の天赦園、ぜひ散策にいらしてみてください!お待ちしております!
posted by 天赦園管理人 at 11:02| 天赦園に咲く花