2017年07月04日

幕末の宇和島藩主 伊達宗城(&天赦園)に関する番組放送のお知らせ!

幕末の宇和島藩主で「四賢侯」としても知られる伊達宗城をテーマとした番組放送のお知らせです!

宗城公肖像.jpg
伊達宗城肖像 (公財)宇和島伊達文化保存会所蔵


放送日時:7月11日(火) 午後10時00分〜午後10時45分(本放送)
     7月18日(火) 午後0時00分〜午後0時45分(再放送)

NHK Eテレ
先人たちの底力 知恵泉 「幕末“素直”のススメ 〜宇和島藩主・伊達宗城〜」

番組HP


天赦園も登場予定!是非ご覧ください!
posted by 天赦園管理人 at 10:03| 日記

2017年05月09日

小説「笹まくら」の舞台、天赦園

「残軀は果して天に赦されるものなのだろうか?」

丸谷才一の小説「笹まくら」のなかで、主人公が自分の人生を重ね合わせながら自問する場面での言葉です。

・・・???何だか聞き覚えのあるフレーズのような・・・

そうなんです!実はこの言葉、主人公がここ天赦園で、

園名の由来となった伊達政宗の漢詩の一節、

「馬上少年過 世平白髪多 残軀天所赦 不楽是如何」

と書かれた案内板の文字をたどりながら発した言葉なんです・・・!

4月30日付読売新聞日曜版「名言巡礼」にて、この言葉をキーワードに、「笹まくら」の舞台としての宇和島、そして天赦園が大きく紹介されました!

多くの文筆家に愛されたまち、宇和島。
その魅力、雰囲気というのは、なかなか一言では言いあらわせないところがありますが、
なぜ文筆家たちがこのまちに惹きつけられたのか、その魅力はどこにあるのか・・・そんな観点から、
歴史、文化の香りただようそのさまを、闘牛や宇和島鯛めしといった見ものや名物も織り交ぜながら、素敵な動画とともにご紹介いただいております!

動画は以下のURLでご覧いただけますので、皆様、ぜひご覧になってみてください!

posted by 天赦園管理人 at 16:42| 日記

2017年03月09日

サギソウ鉢植え

ここ数日は宇和島も寒の戻り。冷たい風が吹いています。

そんななか、受付さんが、今年のサギソウの準備をしてくださいました。

こちらは、去年のサギソウ。毎年夏に白鷺が優雅に飛ぶ姿で咲き、お客様に大変喜んでいただいている天赦園の夏の風物詩。
受付さんが大事に大事に育て、毎年たくさん咲かせてくださっています。

サギ草1.JPG
撮影:尾崎太祐

サギ草4.JPG
撮影:尾崎太祐

今年もその準備開始!こちらが、サギソウの球根です。

サギ草の球根.JPG
撮影:尾崎太祐

一つずつ丁寧に植替えをしていきます。

サギ草植替え風景1.JPG
撮影:尾崎太祐

植替え完了!表面は水ゴケで保湿します。

植替え完了〜表面は水苔で保湿〜.JPG
撮影:尾崎太祐

今年もどうかたくさん咲きますように!

春もすぐそこ・・・、今日は、結婚式の写真の前撮りが行われていました。

前撮り風景〜幸せそうなふたり〜.JPG
撮影:尾崎太祐

とっても幸せそうなお二人。大切な記念のお写真の場所として天赦園を選んでいただき、うれしい限りです。どうか末永くお幸せに!

サンシュユの黄色い花もお二人を祝福しているかのよう。これから見ごろを迎えます。

さんしゅゆ1〜これから見頃〜.JPG
撮影:尾崎太祐

さんしゅゆ2.JPG
撮影:尾崎太祐

こちらは、ミツマタ。

三又.JPG
撮影:尾崎太祐

モクレンも、もうすぐ咲きます。

木蓮もうすぐ咲きます1.JPG
撮影:尾崎太祐

木蓮もうすぐ咲きます2.JPG
撮影:尾崎太祐

春へと向かう天赦園、ぜひご散策にいらしてください。お待ちしております!
posted by 天赦園管理人 at 12:08| 日記

2017年02月20日

天赦園の春 竹を中心に

少し前までは積雪もあり、寒さ厳しい日が続いていましたが、ちらほらと暖かな日にも出合えるようになってきました。
春はすぐそこです。

さて、今日は、「天赦園の春 竹を中心に」というテーマで、早春の天赦園の様子をご紹介!

写真は、天赦園撮影協力隊の久保政文さんです。いつも本当にありがとうございます!

まずは、可愛いピンクの枝垂れ梅。梅の香までただよってきそうな素敵な一枚。

DSC_1209.jpg
撮影:久保政文

こちらは、普段なかなかこういう角度からは眺めない春雨亭をのぞむ風景。

DSC_1214.jpg
撮影:久保政文

竹間に差し込む陽の光。

DSC_1222.jpg
撮影:久保政文

竹間を通って地の苔へと至った光が枯れ川の栗石を照らし出します。

DSC_1224.jpg
撮影:久保政文

こちらは馬酔木。

DSC_1234.jpg
撮影:久保政文

大楠の根の大きさに、ずっしりとした時の重みが感じられます。

DSC_1237.jpg
撮影:久保政文

こちらは蘇芳竹。固まって生えるのが特徴。緑の縞模様が入っています。

DSC_1240.jpg
撮影:久保政文

こちらは、クマ笹。
天赦園には約20種類の竹や笹が植栽されていますが、これは伊達家の家紋が「竹に雀」(ブログタイトル左が竹に雀紋です)であることにちなむもの。

DSC_1248.jpg
撮影:久保政文

DSC_1249.jpg
撮影:久保政文

ヤブツバキのツボミ。

DSC_1255.jpg
撮影:久保政文

竹の向こうにチラリと見える、春雨亭。

DSC_1259.jpg
撮影:久保政文

一輪の白梅。

DSC_1265.jpg
撮影:久保政文

養老の滝横のボケの花。今可愛く咲いてくれています。

DSC_1267.jpg
撮影:久保政文

天高く伸びゆく泰山竹。真っ青な空に緑が映えます。

DSC_1273.jpg
撮影:久保政文

早春の風景を楽しみに、ぜひ天赦園へお越しください!お待ちしております!!
posted by 天赦園管理人 at 15:47| 日記

2017年01月20日

天赦園雪景色

先週末、宇和島も雪でした。

その雪景色の様子を、天赦園撮影協力隊の松田隆先生が撮影してくださいましたので、ご紹介!

お茶室裏は一面真っ白!

conv0001.JPG
撮影:松田隆

見渡してみると、中の島も・・・

conv0003.JPG
撮影:松田隆

大松も・・・

conv0004.JPG
撮影:松田隆

一面、うっすらと雪化粧・・・!

conv0005.JPG
撮影:松田隆

conv0010.JPG
撮影:松田隆

conv0016.JPG
撮影:松田隆

遠くにみえる鬼が城も雪化粧。

conv0022.JPG
撮影:松田隆

厳しい寒気のなかでも、凛と咲く白梅。

conv0023.JPG
撮影:松田隆

conv0024.JPG
撮影:松田隆

寒い日が続いておりますが、皆様どうかお風邪などひかれませんようお体ご自愛ください。
posted by 天赦園管理人 at 11:52| 日記