2017年05月30日

菖蒲、現在4分咲き!

菖蒲、現在4分咲きです!

菖蒲畑の北西の一画から咲きはじめましたが、残りの三区画も徐々に咲き出してきました!

P5290013.JPG
撮影:尾崎太祐

P5290014.JPG
撮影:尾崎太祐

からりとした陽ざしのもとで、白い菖蒲が目を引きます。

現在4分咲き.JPG
撮影:尾崎太祐

種類もいろいろ。白に紫は、凛とした印象です。

P5290015.JPG
撮影:尾崎太祐

薄紫に黄色・・・

P5290016.JPG
撮影:尾崎太祐

P5290017.JPG
撮影:尾崎太祐

そして、白・・・

P5290018.JPG
撮影:尾崎太祐

濃い紫・・・

P5290019.JPG
撮影:尾崎太祐

白と紫・・・

P5290023.JPG
撮影:尾崎太祐

こちらは、池辺の菖蒲。ハトが菖蒲を鑑賞中!今年の咲き具合をチェッしています。

菖蒲と鳩.JPG
撮影:尾崎太祐

菖蒲を楽しみに天赦園に足を運んでくださるお客様も増えてきています。

これから開花が進みます。ぜひご来園ください!お待ちしております!!
posted by 天赦園管理人 at 11:54| 開花情報(花菖蒲)

2017年春の呈茶会、大盛況でした!

淡交会宇和島市様のご協力をいただき、4月21日からの日曜・祝祭日に開催された天赦園 春の呈茶会、
先日5月28日の日曜日に最終回を迎え、追加のお菓子を買いに走るほどたくさんのお客様にご参加いただき、大盛況のもと無事に終了いたしました!

この日は天赦園撮影協力隊の久保政文さんにもお越しいただき、写真をご提供いただきましたので、その模様を早速ご紹介いたします!

当日は、ちょうど菖蒲も綺麗に咲き出したところで・・・

DSC_2885.jpg
撮影:久保政文

清々しい青空のもと、開催されました!

DSC_2866.jpg
撮影:久保政文

お茶室内もとても素敵にしつらえていただき・・・心をゆっくりと落ち着けて、お庭の景色とお抹茶の深みのあるお味を存分に楽しめそうです。

DSC_2871.jpg
撮影:久保政文

お茶室の外の廊下にも、お客様へのおもてなしの心遣いが、さりげなく・・・

DSC_2875.jpg
撮影:久保政文

お抹茶を楽しみにしてくださっているたくさんのお客様。

DSC_2868.jpg
撮影:久保政文

お茶室へは、ステキな笑顔でお出迎え。

DSC_2879.jpg
撮影:久保政文

お点前が始まりました。

DSC_2873.jpg
撮影:久保政文

DSC_2874.jpg
撮影:久保政文

DSC_2882.jpg
撮影:久保政文

あるお客様からは、「趣があって本当に素敵だから、天赦園でのお茶会をとても楽しみにしていて、毎年来ているのよ」とお声をかけていただきました。本当にうれしい限りです。

こんな風にお客様に喜んでいただけるのも、淡交会の皆様方が、お客様への一期一会のお心遣いで、季節のお花やお茶碗の模様などあらゆるところに趣向をこらし、素敵なお着物姿とあたたかい笑顔でお迎えしてくださったお陰です。
本当にありがとうございます!!

来年も、どうかよろしくお願いいたします!また、皆様、どうか来年のお茶会をお楽しみに!
posted by 天赦園管理人 at 11:17| イベント(呈茶会)

2017年05月23日

菖蒲咲きはじめ&お茶会ラスト!

菖蒲が咲きはじめました!

四区画ある菖蒲畑のうち、北西の一画から、ポツポツと咲きはじめております!

P5230045.JPG
撮影:尾崎太祐

P5230046.JPG
撮影:尾崎太祐

P5230047.JPG
撮影:尾崎太祐

P5230049.JPG
撮影:尾崎太祐

他にも、

ヤマボウシや・・・

ヤマボウシ2.JPG
撮影:尾崎太祐

ユキノシタ・・・

ユキノシタ2.JPG
撮影:尾崎太祐

黄アヤメ・・・

黄アヤメ1.JPG
撮影:尾崎太祐

ヒメヒオウギなどが、園内を彩ってくれています。

紅葉とヒメヒオウギ.JPG
撮影:尾崎太祐

姫ヒオウギスイセン1.JPG
撮影:尾崎太祐

姫ヒオウギスイセン2.JPG
撮影:尾崎太祐

さて、4月21日から開催の天赦園春の呈茶会、いよいよ28日(日曜日)でラストとなります!

詳細はこちら!(クリックで拡大します)

呈茶会チラシH29.jpg

お殿様のお茶室で、美味しいお抹茶とお菓子をいただきながら、お庭とお花をお楽しみいただける、またとない機会です。
外の緋傘と緋毛氈のお席でも、お召し上がりいただけます。
どなたでもお気軽にご参加いただけますので、ぜひご参加ください。

ご来園、お待ちしております!
posted by 天赦園管理人 at 17:05| 開花情報(花菖蒲)

2017年05月17日

お茶会ラスト2回!&青葉の侯の天赦園

青葉の侯の天赦園・・・

日曜日にはお茶会開催中です!

P5050003.JPG
撮影:尾崎太祐

お茶会も21日、28日のあと2回!普段は立ち入ることのできないお茶室の中でもお召し上がりいただけます。
どなたでもお気軽にお楽しみいただけますので、ぜひこの機会にご参加ください!

詳細はこちら!(クリックで拡大します)

呈茶会チラシH29.jpg

今日ご紹介するお花は、ナツツバキ。白い清楚な感じのお花が控えめに咲きます。

P5170026.JPG
撮影:尾崎太祐

P5170027.JPG
撮影:尾崎太祐

続いて、シャクヤク。

P5170029.JPG
撮影:尾崎太祐

P5170031.JPG
撮影:尾崎太祐

夏の紅葉は、涼やかな緑。陽ざしも遮ってくれます。

紅葉新緑.JPG
撮影:尾崎太祐

今日は、庭木のお手入れの様子もちょっとご紹介。

土壌の改良のため、炭を埋設しました。

庭木のお手入れ(土壌改良 炭埋設)1.JPG
撮影:尾崎太祐

庭木のお手入れ(土壌改良 炭埋設)2.JPG
撮影:尾崎太祐

元気に育ってくれますように!

皆様のご来園、お待ちしております!
posted by 天赦園管理人 at 13:26| イベント(呈茶会)

2017年05月09日

小説「笹まくら」の舞台、天赦園

「残軀は果して天に赦されるものなのだろうか?」

丸谷才一の小説「笹まくら」のなかで、主人公が自分の人生を重ね合わせながら自問する場面での言葉です。

・・・???何だか聞き覚えのあるフレーズのような・・・

そうなんです!実はこの言葉、主人公がここ天赦園で、

園名の由来となった伊達政宗の漢詩の一節、

「馬上少年過 世平白髪多 残軀天所赦 不楽是如何」

と書かれた案内板の文字をたどりながら発した言葉なんです・・・!

4月30日付読売新聞日曜版「名言巡礼」にて、この言葉をキーワードに、「笹まくら」の舞台としての宇和島、そして天赦園が大きく紹介されました!

多くの文筆家に愛されたまち、宇和島。
その魅力、雰囲気というのは、なかなか一言では言いあらわせないところがありますが、
なぜ文筆家たちがこのまちに惹きつけられたのか、その魅力はどこにあるのか・・・そんな観点から、
歴史、文化の香りただようそのさまを、闘牛や宇和島鯛めしといった見ものや名物も織り交ぜながら、素敵な動画とともにご紹介いただいております!

動画は以下のURLでご覧いただけますので、皆様、ぜひご覧になってみてください!

posted by 天赦園管理人 at 16:42| 日記